葉酸をしっかり摂ろう|妊娠した時に必要な栄養素

レディー

精子が僅かでもあれば

閉塞性の場合

女性

不妊の原因は男性にも女性にも同じくらいあると考えられています。男性の精子に問題がある場合、精神的にショックを受ける方も少なくありません。無精子症とは、精液検査で検査した精液中に精子が全くいない状態を指します。原因は、閉塞性と非閉塞性に分かれますが、閉塞性の場合、適切な治療をすることで、自然妊娠の確率が高まります。過去の感染症や、鼠径ヘルニアの手術跡など何らかの原因で精子が通る管が物理的に詰まってしまったものが閉塞性無精子症です。通り道が詰まってしまっただけで、精子はしっかり生産されている場合がほとんどですから、手術で精路を再建することで、無精子症を改善できます。無精子症のうちの2割がこの閉塞性無精子症だと言われています。

非閉塞性の場合

残りの8割は、精巣の精子を作る機能事態に問題がある非閉塞性無精子症だと言われています。生まれつき精子を作る機能が弱い場合もありますし、おたふく風邪の後遺症、ホルモンバランスの影響で低ゴナドトロピン性機能障害などを起こしている場合もあります。精液検査とあわせてホルモン検査も行うことでさらに詳しい原因を探っていきます。もし少しでも精子が作られているのなら、妊娠の可能性があります。現在の高度生殖医療では、直接顕微鏡下で精子のいる部分を見ながら精巣から精子を取り出す手術をすることが可能です。MD−TESEと呼ばれる特殊な手技なのでできる病院は限られますが、今まで無精子症だと思われていたターナー症の方でも精子を取り出せた例があります。